活性酸素が体内に発生する原因

活性酸素が体内に発生する原因は、色々あります。活性酸素は適量であれば、体にとって悪いものではなく、細菌から細胞を守る役割がありますが、増えすぎるとよくありません。活性酸素が増える原因としては、まずストレスが挙げられます。ストレスを受けると、副腎皮質ホルモンが分泌されると同時に、活性酸素も作られます。ストレスが溜まるとビタミンCの消費量も増えるので、抗酸化作用が弱くなります。体内から減ることで、活性酸素の勢いが増すのです。紫外線は、活性酸素が体内に発生する大きな原因になります。紫外線を浴びると、活性酸素が発生しやすくなり、肌に直接浴びると強力な活性酸素が生まれます。タバコも活性酸素の原因になります。喫煙すると有害物質が体内に入るので、活性酸素がどうしても増えのます。過度な飲酒も原因になります。アルコールは適量であれば活性酸素を減らしてくれるのですが、摂取量が多すぎると逆効果になります。激しい運動も原因の1つで、運動をすると酸素量が増えるので、活性酸素の量も増えます。活性酸素に対処するには、バランスの取れた食生活と規則正しい生活が必須です。